アメリカ駐在の節約スマホSIMまとめ→CLICK!

【超お得な裏技あり】アメリカでガソリン代を節約「Upside」を解説

  • URLをコピーしました!
さっぴー

こんにちは、アメリカ駐妻2年目に突入したさっぴーです!

 

高い。

アメリカは何もかもが高い。

食品も

日用品も

そして、ガソリンも。 

 

アメリカで暮らし始めてから、私ほぼ毎週のようにガソリンを入れております。

 

ここをどうにかして節約できるとうれしい…!

  

さっぴー

この記事では、ガソリンを安く入れる方法をご紹介します!

 

Upside」というキャッシュバックアプリを使います。

 

この記事で分かること
  • Upsideとはどんなアプリなのか
  • メリットとデメリット
  • 登録方法
  • 使い方
  • Upsideでガソリンがありえないくらいお得になる超すごい裏技
  • Upside以外でガソリンを安く入れる方法

 

さっぴー

知っている人だけが得をする情報社会!

 

私のインスタグラムのリンクをこの記事の一番下に貼っておきます。

ほぼ毎日節約情報を配信してるので、よかったらのぞいてみてくださいね♪

Upsideでガソリンがありえないくらいお得になる超すごい裏技 /

さっぴー

いきなり50ドルGETも夢じゃない気になる裏技の正体を先にざっくり書いておきます。

この2つの合わせ技です。

  • 登録時に紹介コードとプロモコード重ね使い(最大30ドルくらい)
  • 登録して10日後くらいにUPする紹介ボーナスGET(20ドル)

 

具体的な手順は、この記事の下の方で詳しく書きます。

目次

Upsideとは?


Upsideとは、一言で言うと「ガソリンスタンドで給油をするとキャッシュバックがもらえるスマホアプリ」です。

どんなアプリ?
  • 提携のガソリンスタンドで給油をするとキャッシュバックがもらえる
  • 提携先は全米で45,000ヶ所以上
  • キャッシュバック率はスタンド店舗によって違う
    (私の見た限りは7〜12%程度が中心)
  • ファストフード・レストラン・スーパーマーケットもキャッシュバック対象
    (2〜20%程度)
  • 残高が10ドル以上貯まると、手数料無料で銀行口座やギフトカードに引き出せる


登録する前に、お近くに提携店があるかどうか確認できます。

この公式ページから地図で検索してみてくださいね。

さっぴー

郊外の我が家の周りにもいくつも提携スタンドがあります。先日は旅行先のカリフォルニアで使ってみましたが、どこで検索しても常にいくつかの提携先がありました。

Upsideのメリット

私がUpsideをオススメする理由(メリット)をまとめます。 

メリット
  • 完全無料で使える

    →アプリにお金は一切かかりません
  • ガソリン代を節約できる

    →必要不可欠なガソリンでキャッシュバックがもらえるのはとても嬉しいです
  • アプリがシンプルで使いやすい
     
    →直感的で使いやすいです。1,2回使うだけでつかめると思います。
  • 出金手数料が無料
     
    →10ドル以上貯まると無料で銀行・Paypal・ギフトカードに出金できます。
  • 交換先のギフトカードの選択肢が多い
     
    →Amazon、Target、Starbucksなど多数あります。
  • クレジットカードのポイントと二重取りできる

    →AMEXやChaseなどのポイントもGETできます。私がガソリンスタンドでいつも使っているチェイスの無料カードなら5%還元です。Upsideのキャッシュバックと合わせると、17%近く得できます!
  • 残高に有効期限無し
     
    →アプリを使っている限りは期限はありません。
  • 端数も無駄なく出金できる
     
    →どの出金先でも¢単位で好きな分だけおろせて無駄になりません。
  • レストランやスーパーでもキャッシュバックがある
     
    →マクドナルドなどのバーガーショップや、チポレなどのチェーン店もあります。
  • レストランのYelp評価が表示される
     
    →このアプリさえあれば他で調べる必要がないので助かります。
  • 紹介ボーナスがもらえる
     
    20ドルの紹介ボーナスがもらえるチャンスも!
     くわしくはこの記事の下の方で書きます。
  • 裏技で激安で給油!!!

    →インスタで教えてもらった激アツ情報です。最大30ドル得できます。これも下の方で書きます。
さっぴー

このアプリを使い始める価値があることがお分かり頂けたでしょうか

Upsideのデメリット

メリットたくさんのUpsideですが、いくつかデメリットもあります。

デメリット
  • 値引きではなくキャッシュバックなので、一旦は支払いが必要

    私はこれはむしろメリットと思っています。なぜなら、クレジットカードのポイントも貯められるからです。ガソリンスタンドは還元率高めのカードが多いです。私のチェイス年会費無料カードでも5%還元されます。
  • キャッシュバックの反映まで時間がかかる(平均2〜4日、最大10日)
  • レシートが必要な場合がある

    →故障などでレシートが出ないガソリンスタンドもあるので困ります。

    レシート無しでキャッシュバックされる店舗もたくさんあります
     店を選択するとレシートが必要かどうかがわかるので、なるべくレシート不要な店を選ぶといいと思います。
  • 登録したクレジットカードで支払わないといけない

    →クレジットカードの下4桁の情報を用いてお店側がキャッシュバック支払いの確認をするそうです。

    クレジットカードは複数登録できます。使う可能性があるものはとりあえず登録しておくとキャッシュバックを取りこぼすリスクが下がると思います。
  • グロサリーストアの対象店が少ない
     
    →私はUpsideはガソリンとマクドナルド目的なので、買い物の節約は期待しておらず無問題です。


一応載せておきますと、こちらが対象グロサリーストアです。
お近くのお店があったらラッキーです!

 

さっぴー

1個も見たことないんだが…

インスタのフォロワーさんから、シュナックスで11%キャッシュバックだったと教えて頂きました!

さっぴー

11%…!?羨ましすぎます!

登録方法

Upsideアプリの登録方法を説明します。

STEP
Upsideアプリをダウンロード

このリンクからダウンロードして登録します。

以下実際の画像で説明します。

 

▶インストールを押す


▶お好きな登録方法で。私はめんどくさがりなのでGoogleと連携です。

 

いきなり、友達を紹介しませんかと出てきます。

お得に紹介する方法はこの記事の下の方で解説するので、ここでは一旦飛ばしてください。

▶Maybe laterを押す

 

Upsideでは位置情報を使います。

▶Allow accessを押す

 

▶私は「正確」と、「アプリの使用時のみ」を選びました。

 

現在地を起点に地図でガソリンスタンドを検索できるようになります。便利です。

STEP
紹介コードとガソリンの種類を選択

この画面で、私の紹介コード MVHEZ を入れてもらうと、
初回の給油時に15¢/ガロンのボーナスキャッシュバックが上乗せされます。

 
さらにお得な上乗せの裏技もありますが、この下で説明します。

ここでは一旦、この紹介コードと、ガソリンの種類を選んで「Create acount」を押します。

ガゾリンは普通車であればレギュラーでいいかと思います。

この画面で初めから「CACTUS25」のプロモコードが入っていることもあるようです。
それは使わずに「MVHEZ」の紹介コードに打ち直してもらう方が、他のプロモコードがすべて使える可能性が高まるので安心かと思います。(CACTUS25と併用できないコードがあるかもしれないので)

STEP
トップ画面が開く

 
早速、自宅近くの地図と、提携先一覧が出てきます。

地図の下に「15¢/gal bonus included in your next offer」(次回オファーに15¢/ガロンのボーナスが含まれます)と表示されています。これが、紹介コードが反映された証拠です。


次に、右上アイコンを押すとメニュー画面が開きます。

STEP
ガソリン給油に使うクレジットカードを入力
(初回給油前に必ず設定が必要です)

 

右上アイコン → Wallet → Add payment method
から登録できます。

使ったクレジットカードの番号で照合してキャッシュバックが支払われる仕組みのため、必ず登録が必要です。

以前は下4桁だけ登録だったようですが、現在はカード番号全体を入れる必要があります。
 

さっぴー

カメラマークから写真を撮ると早いです

 

クレジットカードは複数登録できます。使う可能性があるカードはとりあえず登録しておくとキャッシュバックを取りこぼす可能性が下がると思います

STEP
さらにお得な裏技!!!

このタイミングで、さらにお得になる裏技を設定します。

右上アイコン → Profile を開きます。

 
ここのPromo Code欄を使います。

最初は、②で入力した私の紹介コードが表示されているかと思います。

もし画像のように「None applied」となっている場合でも、トップ画面で15¢のキャッシュバック表示があればちゃんとコードが適用されてるはずですが、心配な場合は念のため「MVHEZ」の再入力をお願いします。

「Code can’t be applied」(コードは適用できません)や、「Code is already applied」(コードはすでに適用済みです)と出るかもしれませんが、それはもう反映されてるということなのでOKです。

 

さて、ここからが裏技本番です。

実はこの紹介コード以外にもUpsideには様々なプロモコードが存在するのですが、それらがなんと何でもかんでも重ね使いできてしまうのです。

やり方をご説明します。

さっぴー

この激アツ情報はインスタのフォロワーさんから教えていただきました。ありがとうございます!!!


確認できている限り、最大+1.3ドル/ガロンのキャッシュバック上乗せです。 


上乗せの内訳など詳しくは下の方で説明しますが、ここでは手順のみ書いておきます。

 

以下のリストのプロモコードを、上から順番に入力します。

極秘入手(?)の情報ですが、教えてくださった神様のようなフォロワーさんも「ぜひみなさんに広めてほしい」と仰ってくださったので、もう惜しみなく公開します!

Promo codeのEditを押して1つコードを入れたら、またEditを押して次のコードを入れます。

 

プロモコード一覧
  • mvhez(紹介コードです)
  • amex35
  • shoppers35
  • gopuff35
  • gopuff15
  • perksatwork230

※大文字・小文字はどちらでもOKです

Edit→1つ目入力→Done →Edit→2つ目入力…と繰り返します。

一回入れるたびにトップ画面で確認したくなりますが、反映に結構タイムラグがあります。1つ1つ待つと時間がもったいないので、一気に全部入れてしまっていいかと思います。

使えない場合は「Code can’t be applied」などエラー表示が出ます。それが出ずに入力ができた=適用されている、と思って大丈夫そうです。

一気にこの6つを入れても、ちゃんとキャッシュバックに反映されることを確認済みです。

この裏技は既存ユーザーでも使えます。
私もすでに2回給油済みでしたが、使えました。
⑤gopuff15 だけは新規ユーザー限定のようなのでCan’t be appliedと出ました。残念!

こちら、ご覧ください。

裏技で初回1ガロンあたり1.45ドルのキャッシュバックになりました!

給油が楽しみですね! 

以上で、登録作業は完了です。

この記事の下の方で、この裏技についておさらい&補足情報を載せています。

ガソリン給油時の使い方

給油時の使い方を説明します。

STEP
地図からガソリンスタンドを選択
(価格付きで見やすいです)

キャッシュバック前の通常価格と、キャッシュバック分が引かれた価格が表示されるので分かりやすいです。

STEP
給油前に「Claim」を押す

 

給油する前に必ずClaim(申請)ボタンを押す必要があります。

スタンドによってキャッシュバック額は常に上下しています。このClaimを押すと、その時点での金額が約束されます。

STEP
4時間以内に給油する
※必ずUpsideに登録したクレジットカードで払うこと

 

お店を変えたい場合は、右上のUnclaimを押すとキャンセルできます。

さっぴー

キャンセル料などは一切かからないので安心です!

STEP
I’ve Paidボタンを押す またはレシートをアップロード

給油が完了したら、STEP3の画面に出ている「I’ve Paid」(支払いました)ボタンを押します。
ほとんどのガソリンスタンドがこれだけで完了です。
 

 

店舗によっては、レシートのアップロードが必要です。

Claimをするとこのようなボタンが出るので、その店がレシートが必要か分かります。

 

ガソリンスタンドはレシートの機械が壊れていて出力されないこともまぁまぁあるので、個人的にはこの画面が出たらその店舗はUnclaimして、I’ve paidが表示される別店舗に変更する方が安心かなと思います。


私は初回給油がいきなりレシートのお店でした。

さっぴー

違いを知らずに給油しました。レシートちゃんと出てよかった…

STEP
2〜4日以内にキャッシュバック残高に反映される

招待を勧める画面が出ますが、ここではせずに閉じちゃってください。

あとは2〜4日以内にキャッシュバックが確定し、My Historyに表示されます。

こちら、インスタのフォロワーさんから頂いた画像です。

上に書いた裏技で、12ドルもの大きなキャッシュバックです!

支払いは21.45ドルだったそうなので、なんと実質57%OFF
 

さっぴー

知ってる人だけが得をする…それがアメリカ!

 

確定まで最大10日かかることもあるそうです。
(店舗からUpside側へ支払いデータが送られてくる頻度やタイミングにもよるそうです)
 

さっぴー

私は初回が最大の10日かかりました。1週間すぎたあたりから、もうダメだオワタ/(^o^)\と思いました。

この経験から、レシートの必要なお店の方が日数かかるのかな?と推測しましたが、実際のところは分かりません。

 

\ 貴重なガソリン節約アプリ /

私の紹介コード:mvhez

レストランで使う

Upsideは、レストラン利用でもキャッシュバックが受けられます。

STEP
地図からお店を選ぶ

お店ごとにキャッシュバック率が違い、金額の上限もあるので事前に確認ください。

STEP
Claimボタンを押す
STEP
お店で支払い

店内で食べても、お持ち帰りでもOKのようです。

必ず登録クレジットカードで払ってください。

STEP
I’ve paidボタンを押す もしくはレシートをアップロード

ガソリン給油と同じく、レストランもレシートが要るお店と要らないお店があります。

簡単なのは、I’ve paidパターンです。

 
レシートも、レストランの場合はちゃんともらえると思うのでガソリンスタンドよりは安心ですね。

 

お店によっては、Upsideアプリで支払いもできてしまうそうです!

メリットは、キャッシュバックが即時されること。

Chipotleやダンキンドーナツなど全米40,000以上のお店が対象だそうです。

もし行きたいお店が対象だったら、ぜひ使ってみてくださいね。

出金方法

ここでは、Upsideで貯めたキャッシュバックの受け取りについて解説します。

出金の基本情報

Upsideで貯めたキャッシュバックは、ギフトカード・銀行口座・Paypalへ出金ができます。

めちゃくちゃ選択肢が充実しています。

私がUpsideをオススメする理由の1つです。

10ドル以上あれば、手数料もかかりません。(Paypalだけは15ドル以上)

出金手数料
  • ギフトカード:10ドル以上は無料 10ドル未満は交換不可
  • 銀行:10ドル以上は無料 10ドル未満は1ドル
  • Paypal:15ドル以上は無料 15ドル未満は1ドル

出金方法(ギフトカード)

右上アイコン → Cash outから引き出せます。

この画面から、お好きな受け取り方法を選びます。

例えばTargetギフトカードを選んでみます。

金額を$10〜20の間で入力できます。

さっぴー

端数まで余さずおろせて助かります!

 
次が最終確認画面です。「Cash out」を押して確定です。

 

24時間以内に、登録メールアドレスにeギフトカードが届きます。

届かない場合は、迷惑メールフォルダなどを確認してみてくださいね!

 

出金方法(銀行口座)

銀行口座に直接振り込むための、初回の設定方法を説明します。

一度口座を設定してしまえば、次回からはギフトカードと同じくほぼ1タップで送金できます。

設定のためには、銀行のオンラインログイン情報(ユーザー名・パスワード)が必要です。

私は銀行口座がジョイントアカウントで共同名義のため自分のアカウントで紐付けましたが、自分名義以外の口座でも問題ないと思います。(そもそもUpsideにはメールアドレスしか登録しないので)

 

右上アイコン→Cash outを開き、

左上のYour bank account を選びます。 


新しい口座を紐付けます。

Plaidというシステムを使って、銀行口座と紐付けます。

このPlaidはアメリカの他のアプリでもよく使われています。金融情報を安全に連携するサービスです。

 

電話番号と、そこに届くワンタイムコードを入れます。

 
引き出し先の銀行を選びます。

 

ここから先は、各銀行のログインページに進みます。
Upsideに口座番号を提供するための規約を読み、決定を押してUpsideのアプリに戻ります。

最後に、Upsideから最終確認のためのメールがその場で届きます。

メールの青い「Confirm account information」ボタンを押すと、口座の紐付けは完了です。

 
あとは、ギフトカードと同様、好きな金額を入力して出金できます。
一回の出金金額の上限はないようです。

さっぴー

10ドル以下は1ドルの手数料がかかるのでご注意ください。


個人的にはこういった受け取りはPaypalがラクで好きなのですが、2024年から確定申告関連で新しい法律が導入され、ちょっとややこしくなるのを避けるために銀行口座へ出金していこうと思っています。

とは言え、本来はキャッシュバックでもらう分は非課税なのでPaypalを使っても問題ありません。

Paypalとこの新しい法律について詳しくはこちらの記事に書いています。

 →ポイ活視点でアメリカの所得税や確定申告ルールを調べてみた

爆発的にお得になる裏技その1

上の方の登録手順でも書きましたが、プロモコードの重ね使いで最大30ドルほど節約できます。

一部補足しながら、手順をおさらいします。

まず、Home画面から右上アイコン → Profile を開きます。

 
ここのPromo Code欄を使います。

最初は、使った紹介コードが表示されているかと思います。

もし画像のように「None applied」となっている場合でも、トップ画面で15¢のキャッシュバック表示があればちゃんとコードが適用されてるはずです

 

さて、ここからが裏技です。

この紹介コード以外にもUpsideには様々なプロモコードが存在するのですが、

それらがなんと何でもかんでも重ね使いできてしまうのです。

やり方をご説明します。

さっぴー

この激アツ情報はインスタのフォロワーさんから教えていただきました。ありがとうございます!!!


確認できている限り、最大+1.3ドル/ガロンのキャッシュバック上乗せです。 


上乗せの内訳など詳しくは下の方で説明しますが、ここでは手順のみ書いておきます。

 

以下のリストのプロモコードを、上から順番に入力します。

こちらの情報を教えてくださった神様のようなフォロワーさんも、私を通してぜひみなさんに広めてほしいと快く仰ってくださったので、惜しみなく公開させて頂きます。!

プロモコード一覧
  • mvhez(紹介コードです)
  • amex35
  • shoppers35
  • gopuff35
  • gopuff15
  • perksatwork230

Promo codeのEditを押して1つコードを入れたら、またEditを押して次のコードを入れます。

さっぴー

大文字・小文字はどちらでもOKです。私はめんどくさがりマンなので小文字でいきました!


Edit→1つ目入力→Done →Edit→2つ目入力…と繰り返します。

一回入れるたびにトップ画面で確認したくなりますが、反映に結構タイムラグがあります。1つ1つ待つと時間がもったいないので、一気に全部入れてしまっていいかと思います。

使えない場合は「Code can’t be applied」などエラー表示が出ます。それが出ずに入力ができた=適用されている、と思って大丈夫そうです。

一気にこの6つを入れても、ちゃんとキャッシュバックに反映されることを確認済みです。

この裏技は既存ユーザーでも使えます!

未使用のプロモコードであれば、重ねて使えます。

私もすでに2回給油済みでしたが、使えました。

⑤gopuff15 だけは新規ユーザー限定のようなのでCan’t be appliedと出るかと思われます。

これ抜きでも次回1ドルほどのキャッシュバックになるはずです。

こちら、ご覧ください。

裏技で初回1ガロンあたり1.45ドルのキャッシュバックになりました!

内訳は
元々のキャッシュバックが0.15ドル/ガロンの店舗で
紹介コードで+0.15ドル
プロモコード乱れ打ちで+1.15ドル
→トータル1.45ドルのキャッシュバック
となります。


ここまでの大幅上乗せは初回のみです。

2回目、3回目と上乗せ額が下がりますが、教えてくださった方は3回でトータル30ドルほどキャッシュバックされたそうです。

初回給油をすると、2〜4日以内にキャッシュバックが確定し、My Historyに表示されます。

こちら、インスタの別のフォロワーさんから頂いた画像です。

上に書いた裏技で、初回で12ドルもの大きなキャッシュバックです!

支払いは21.45ドルだったそうなので、なんと実質57%OFF

さっぴー

もっとタンクを空にして給油すればよかった〜と仰っていました。お気持ち痛いほど分かります!

 

プロモコードには期限があるので、上記コードもそのうち使えなくなるかもしれません。
以下は、現在無効もしくは上記コードと併用不可と思われるプロモコードです。
もしかすると使えるようになるかもしれないので、一応リストにしておきます。

使えないと思われるプロモコード
  • uber35
  • cashback25
  • wq22g
  • uship35
  • sunset
さっぴー

たぶん使えませんが、気になる方は入力してみてください。

爆発的にお得になる裏技その2

 
Upsideを気に入ったら、配偶者・友人・同僚にこのアプリを紹介するとお互いにお得です!

どれくらいお得なのか説明します。

通常の紹介ボーナス

あなたが紹介した人が利用開始すると、

申込者→15¢/ガロンのキャッシュバック上乗せボーナス
紹介者(あなた)→次回給油時に15¢/ガロン上乗せ+申込者がその後給油するたびに毎回1¢/ガロンをもらうことができます。

実際に、私の紹介で入ってくださった方が5ガロン入れると、私にも「5¢入ったよ!」と通知がきます。

嬉し泣きさっぴー

究極のチリツモでありがたい限りです。

 
申込者が紹介した分も、「友達の友達」的な位置付けで0.5¢/ガロン入ってきます。

5ガロン入れてもらうと、2.5¢です。

このアプリは二重の輪でどんどん広がっているんですね。

紹介ボーナス20ドルにUP!(登録 or 初回給油から1週間ごろ)

私が登録した少し後に、紹介ボーナス20ドルに増量のお知らせがきました。

誰かが自分の紹介コードで登録すると、なんと紹介者は20ドルももらえてしまいます!

この増量は常にやっているのか、また全員に出現するのかは分かりませんが、私はこのような流れで出ました。

・2023年12月28日にアプリ登録
・12月30日に初回給油(1月8日にキャッシュバック確定)
・1月1日に2回目給油(1月4日にキャッシュバック確定)
・1月7日にアプリのプッシュ通知で紹介20ドルにUPの知らせ
・1月14日に下のようなメールで期限の知らせ


配偶者や友人を紹介するなら、この増量のお知らせを待っていてもいいかと思われます。

紹介された人がこの期限内に登録&初回給油(10ドル以上)をすることが条件のようです。

プッシュ通知からメールまで1週間もあいたので、プッシュ通知をお見逃しなく!

さっぴー

20ドル大きすぎます!

既存ユーザーもたまに紹介UP(5ドル〜)

2024年1月現在、紹介者のボーナスが5ドルにUPしているそうです。(私は20ドルにUP中なので詳細不明)

おそらく不定期にボーナスUPするようなので、その時に同僚や友人に紹介するのもいいですね!

さっぴー

この全員5ドルUPのために、20ドルへの期間限定UPがなくなっている可能性もあるかもです。また分かり次第追記します。

 

\ 裏技で大幅割引! /

私の紹介コード:mvhez

Upside以外のお得なガソリンの入れ方

定番なのは、コストコやサムズクラブ。

毎日低価格で安心して給油できます。

ただし、年会費がかかるのと行列に並ぶのがデメリット(特に土日のコストコはすごい)

あまり知られていませんがスーパーマーケットのKroger併設のスタンドで、コストコよりはるかに安く給油することができます。

詳しい方法をこちらの記事にまとめましたので、Krogerユーザーの方は必見です!

Krogerでガソリンをコストコより安く給油する方法

まとめ

ここまで、アメリカでガソリン代を節約するなら必須のアプリ「Upside」を解説しました。

使い方のおさらいです。

使い方
  • このリンクからUpsideアプリをダウンロード&登録する
  • 紹介コード「mvhez」を入力
  • ガソリン給油に使うクレジットカードを入力
  • 裏技でコード乱れ打ち
  • 地図からガソリンスタンドを選択
  • 給油前に「Claim」を押す
  • 4時間以内に給油する
    ※必ずUpsideに登録したクレジットカードで払うこと
  • I’ve paidを押す または レシートの写真を送信する
  • 4営業日以内にキャッシュバック残高に反映される

 

さっぴー

私は普段はKrogerとサムズクラブメインですが、ロードトリップやお出かけの際にこのUpsideも活用していこうと思います。

\ 裏技で大幅割引! /

私の紹介コード:mvhez


お読み頂きありがとうございました!

みなさまの節約ライフのお役に立てると光栄です。
 

さっぴー

読んでいただきありがとうございました!

北米限定の超お得なキャッシュバックサイトRakutenについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

アメリカの楽天で買い物や旅行代を節約しよう!

 

インスタ情報

私のインスタグラムではアメリカのお得な買い物情報をほぼ毎日発信しています!

もし質問や相談があればお気軽にDMください♪

記事や投稿が参考になったらぜひフォローやいいねをしてもらえると励みになります!

 

\よりたくさんの方にお届けできるように
 クリックお願いします!/

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次